シルクスクリーン印刷 DIY部

はじめてのシルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷 失敗を克服したいHand Book ステップバイStep 露光編

f:id:heizoujp:20180205143840j:plain

 

シルクスクリーンで皆さんが一番つまずくところ、それは恐らく”露光”の所ではないかと思います。

 

実際に私も何度も何度も失敗をして、成功する事ができるようになりました。それぐらい難しい工程であるでしょう。ただ今回は、私の失敗や経験から注意する点をお伝えして、皆さんに最短で成功するポイントを部分的にこっそりお伝えしましょう。

 

簡単に露光の工程で大切なことを箇条書きにしてみましょう。

①露光剤の塗り方

②露光時の紫外線との距離

③露光時間

④水洗い

 

露光の工程で特に上記の4つの工程は重要になってきます。

私の経験上、一番失敗する確率を増やす工程が②と③の工程です。今回はその中でも最も重要なポイントをお伝えしましょう。

 

②と③の工程で記載している通り、露光の”距離”と”時間”がとても重要なのは言ううまでもありませんが、ただ...

これらの工程で最も重要なポイントが黒色のデザインと原版との接地面なのです。もし、このポイントを改善できれば露光の成功率は格段に上がるでしょう。

 

一般的には黒色のデザイン(ポジフィルム)をテープなどで原版にピッタリと張り付けて上から重い石などをのっけて露光をすると思います。ただ...

ここが問題なのです!

ただ単に、ネットや本などで載っているやり方をしているあなた、それが失敗の元なのです。デザインと原版をただ単に重い石を乗せても何の意味もありません。大切なのはデザインと原版に隙間を無くす事なのです。

 

そこでDIY部が誰でも失敗しない、そして安い、簡単なやり方を伝授いたします。それはよくDIY部でも使う100均のスプレーのり。

それを騙されたと思って、デザインを張り付ける原版に吹き付けて張り合わせて下さい(平らな場所に原版を置いてピッタリとデザインが原版に着くように丁寧にスリスリしておいて下さいね)

 

あとは完全にデザインが原版にピッタリついてることを確認したら、そのまま露光をして下さい(重石などを乗せる必要は恐らくないと思います)

露光で大切なのは

・距離

・時間

はもちろんですが。

最も皆さんが失敗する原因(分からない原因)が黒色のデザインと原版の隙間なのです。もしそれをきっちり解消できればあなたの露光の成功率は飛躍的に上がるでしょう。

 

DIY部ではシルクスクリーンの誰も教えてくれない、失敗から産み出した答えを最短ルートで皆さんにできるだけお伝えできればなと思っています。