シルクスクリーン印刷 DIY部

はじめてのシルクスクリーン印刷

<高いものを買わず良い仕上がりを>シルクスクリーン印刷 おすすめプリンター選びand OHPフィルムの失敗しない作り方

f:id:heizoujp:20170813040244j:plain

 

皆さんおはこんばんは、DIY部 女性係長補佐の”つっさん”です。

 

今日は一般の方でも安く、失敗なしに買えるシルクスクリーン印刷に必要なプリンター選びと使用をお伝えします。

 

 

その前にシルクスクリーン印刷にプリンターが必要なの?と思っている方、プリンターは手描きでデザインを作成する以外はパソコンと同じぐらい必需品とも言っていいぐらい重要です。プリンターが必要になる工程はザックっと順番にすると... まずは版に紗を張る→紗に露光剤を塗る→乾燥→パソコンでデザインプリントアウト(ここです!)→プリントアウトしたデザインを版に合わせて露光開始→洗い みたいな感じです。 

 

 

ただ最初はたくさんあるプリンターの中でどれを買ったらいいかなんてわかりませんし、間違えて買ってお金を無駄にしたくはありませんよね。今日は実際に私が使っていた、使っているプリンターとその使用の仕方を教えちゃうので、皆さんの無駄を省くことに貢献できると思いますので、是非参考にして下さい。

 

 

※プリンターは原版作成に使うデザインをパソコンからOHPフィルムにプリントアウトするのに必要な機材。正確にそして原版作成に問題なく使えるプリンターを選ぶ事が重要です。

 

 

まず第一にプリンターはインクジェットプリンターを選ぶ事。

 

その中でも以下のプリンターをおススメ

 

 


 

 

 私はこのシリーズの前の古い型を持っていますが、A4サイズまでの

デザインに対応する事が出来ます。

因みに、お値段は一万円以内で納める事が出来るので、コスパは最高です。

 

更にここでは、できるだけ露光を成功させるためのテクニックとして

紫外線をできるだけ通さないように、インクを”濃く”出す裏技を教えちゃいます。

まずはデザインを決めて印刷ボタンを押します。

 

そしたら下のようにポップが出てきますね

f:id:heizoujp:20170813143929j:plain

 

まずは プロパティをクリック。

そしたら以下のように次のポップが

 

f:id:heizoujp:20170813144143j:plain

 

赤丸の項目を図の通りに変更します。これでシンプルに印刷を開始。通常よりもより濃い黒を表現でき、露光の失敗を軽減させることができます。

(もしイラストレーターを使っている方がいれば、デザインを黒ではなくCMYKすべてを100%で設定をして、印刷時にフルカラーで印刷をすれば最強の濃さを出すことが可能になります)

 

 

次はOHPフィルム。OHPフィルムは正確に綺麗にデザインを露光する時に

必要なアイテムです。お値段は枚数によりピンきりですが、あまりこだわらずに

購入する事をおススメします。

 


 

 

 最後に余談ですが、更に上を目指している方。シルクスクリーン印刷でTシャツやト

レーナー、バッグに大きなデザインを施したいという方に、家で使える大き目のA3サイズのプリンターを紹介しておきます。

この大きさにしてはお値段もお手頃でクオリティーもいいのでおススメです。

 

 


 

f:id:heizoujp:20170813151321j:plain

 

こちらがA3プリンターを使い、製版をしてシルクスクリーン印刷で仕上げたトレーナーです。デザインがおっきくて更に細かい表現まで再現できるほどのクオリティですからとてもお買い得なプリンターです。

 

 

 今回はシルクスクリーン印刷で重要なOHPフィルムを使ってデザインを出力するやり方を伝授いたしましたが、シルクスクリーンの露光の際にどれだけ真っ黒なデザインで出力できるかはかなり重要なので必ず押さえておきましょう!

 

 

保存