シルクスクリーン印刷 DIY部

はじめてのシルクスクリーン印刷

シルクスクリーンって何?いったい何ができるの?

f:id:heizoujp:20161004111555j:plain

 ”シルクスクリーンとは...”

約100年前から続く印刷技術でシルクスクリーンが世界中でつかわれる、

いや現在でも世界中で使われている理由は、精巧な表現ができ、色々な物に

印刷ができる高いポテンシャルのある技術だからです。

シルクスクリーンの技術を使えば水と空気以外全ての物に印刷ができる

とも言われてるぐらい汎用性も高く、現在も幅広い業界で使用されています。

 

 

”具体的に何ができるの?”

例えば、オリジナルTシャツを作りたいっ!というときこの技術を

使えば高いクオリティーTシャツが作れちゃうのです、上の写真のように

版にインクをのせて後は上の木にゴムが付いた(ヘラ)で

上下に滑らせて刷り上げる。

 

 

他には...

イデア次第でタオル、トレーナー、帽子、紙、木材、プラスチック、

はたまた金属にまで、簡単に言えばプリンターにセットして

印刷ができない物全般になるのではないでしょうか。

凄い身近でその技術が使われている一例は、車のタコメーター

文字などはシルクスクリーンの技術が使われているそうです。

 

 

めちゃくちゃアナログなのに世界中で長い間、私たちの

モノ作りの基盤になっていたなんて、とてもすごいな~と

今でも毎日思います。

 

 

次回は、刷るために必要な染料(インク)について

簡単にUPしますね。少しずつ、一緒にシルクスクリーン

知っていきましょう。

シルクスクリーンのインク選び -

 

 

 

保存

保存

保存