読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルクスクリーン印刷 DIY部

はじめてのシルクスクリーン印刷

イラストレーターでデザインも描いています

f:id:heizoujp:20170417202216j:plain

 

時間を見つけてはデザインの勉強をするようにしています。

 

特に自分で描く事により、より良いものが

またその次にできあがると、それを信じながら...

ひらめきに期待をしています(  ゚,_ゝ゚)

 

This is real super man!

正義の味方 すっぱまん

トゥースっ!

f:id:heizoujp:20170417202900j:plain

【保存版】シルクスクリーン印刷の感光剤の塗り方

f:id:heizoujp:20170405142843j:plain

 

はい、皆さんおはこんばんは、DIY部 女性係長補佐の”つっさん”です。

 

 

本日は感光乳剤の塗り方について、私の経験をもとに教える事が出来たらなと思います。(恐らく、塗り方ややり方は他の人は違うやり方をするかもしれませんが、私の今までの経験上のやり方をお伝えします)

 

 

まず、塗り方の前に

必要な道具を2点揃えて下さい。

(水性対応の版を作成します、油性用はDIY部では扱っていません)

 

  • 感光乳剤 (今回は栗田化学研究所のSD-40もしくはKiwoのazocol z 1/3) 

以下のリンクに購入先を記載しています 

初めてのシルクスクリーン印刷、迷わない道具の仕入れ先 - シルクスクリーン印刷 DIY部

 

  • 感光乳剤用バケット

(板のサイズに合わせて購入します、これ結構重要です

シルクスクリーンステンレスバケット

 

 

感光乳剤は使用する場合よくかき混ぜてから使用する事

乳剤を版に塗る時は太陽の光を必ず避ける事

また室内の蛍光灯などをおとし、できるだけ紫外線を受ける環境を避けて下さい。

ここでちょっとしたアドバイス! LEDはハロゲンや蛍光灯より紫外線の照射がない

と言われています。

暗闇でも、小さなLED電球があれば家でも作業しやすいかも。

 

 

さあ、本題の塗り方

 

バケットに感光乳剤を注ぎ下の絵のように

下から上へ塗りあげます、この時、版を70度~80度ぐらいに

傾けて塗ると塗りやすいでしょう。

 

塗り方に関しては、人により2回塗りや

時間をおいてまた塗るなど色々聞きますが...

 

表を一度塗り

 

f:id:heizoujp:20170409124734j:plain

 

 

ひっくり返して

 

裏も同じように一度下から上へ塗ります

f:id:heizoujp:20170409125003j:plain

 

それだけでも十分使用は可能です。

もし強い版を作りたい場合は何度か塗りあげるというのは

あってもいいかもしれませんが、初心者が簡単に使用する場合は

一度塗りで十分でしょう。

 

ここで、ワンポイントアドバイス

感光剤はできるだけ薄くするような感覚を持ち、塗りあげる

力加減が大切です、SD-40はまだ塗りやすいですが

Kiwoのazocol z 1/3は乳剤がドロドロなので塗る時に厚みが

出すぎてムラができ感光にムラができるので、塗る時はスピーディーに

薄目に塗りあげる感覚を持っておいてください。

 

※感光がうまくいかない時、こういう誰も教えてくれない

感覚も改善ポイントとして大切になってくるからです。

 

 

乳剤塗りが完了したら、ロッカーなどホコリがたたない所で

まっすぐ横にして乾かす事。縦にして乾かすと、版にムラができるのでNGです。

またホコリやチリは版を正確に仕上げる事が出来ない原因にもなりますので

できるだけ避けたほうがいいでしょう。

あと、必ず暗いところで保管し、

完全に乾くまでおいておきます。

人により、扇風機などで乾かしたり、早く仕上げたいという人もいますが

DIY部は自然に一日完全乾燥させ使用します、経験からシルクスクリーン印刷は

常に同じ手順で同じ仕上がりになるようにすることが大切であると考えているからです。

 

 

 

 

 

 

保存

保存

保存

シルクスクリーン印刷を爆速で簡単に自動で仕上げる機材

f:id:heizoujp:20170403121705j:plain

 

皆さん、おはこんばんは、DIY部課長、薩摩こと”さっつん”です。

 

さあ、今日は皆さんがあまり聞いたことや、見たことがない

”デジタル製版”と言う物を紹介しましょう。

 

シルクスクリーン印刷で製版を作る事、ほぼすべての人が

難しい壁にぶつかったり、失敗を繰り返してることでしょう。

 

しかし、文明の発達は素晴らしく早く、できない、難しいものを

簡単にできるようにするものはどんどん発明されます。

 

今回は、デジタルの世界を”すご~い”と驚く側面と

資金力のある人は

それを使い、明日からでもお店を開くか、プロ級のクオリティでマネタイズをできるようになります。

技術をお金で買う、爆速の早業ですね。

 

 

では一つ目

ゴッコプロ100

 

ボタン一つ、105秒で製版ができるって...凄すぎる(汗)

私の今までの苦労は何だったんだと思ってしまいます。

まさに、コピー機と同じ感覚ですね...メーカー希望価格1,200,000円だそうです。

最近はDIYを店舗で売りにしているお店はこの機械を買って

常に質の高く、スピーディーな印刷がその場でできるように、取り入れている会社が多

いですね。高くても十分Payができる今の需要があるのでしょう。とにかく凄い

機械です。

 

 

二つ目は

FAST SCREEN TRACER

 

 

上記は京都の色素オオタ・オータスさんの商品です。

版をセットして2分で製版できるというようなキャッチコピーで

素晴らしい機材を開発しています。価格等はメーカーに直接お問い合わせください。

 

 

3つ目は

一番お手軽な価格でデジタル製版ができるTシャツ君

シリーズがあります。

デジタル製版の素晴らしい特徴は、パソコン上にあるデータを

即時に製版できるところです、まさに感覚はパソコンを使ってコピーをしているだけの

とんでもない技術です。

 

価格は以下のサイトが一番お手頃かと思われます。


爆速でできるデジタル製版

 

製版は道具です、その道具にお金を掛ける事によって

マネタイズする事により、倍にも3倍にもしてお金を増やしていくので、

これらの価格が高いと思うか、安いと思うかは、あなたのアイデアや考え方次第で

その判断が変わってくると思います。

 

是非、今後の参考情報にしてみて下さい。

 

次回は

【保存版】シルクスクリーン印刷の感光剤の塗り方 - シルクスクリーン印刷 DIY部

 

 

保存

シルクスクリーン印刷裏技 感光乳剤を塗った後のスクリーン補修編

f:id:heizoujp:20170330031530j:plain

 

はい、皆さんおはこんばんは、DIY部 女性係長補佐の”つっさん”です。

 

 

今日は超ショートに説明。

もしかしたらごくわずかな人にだけ

使えるかもしれないシルクスクリーン印刷の便利な裏技。

 

 

今回は感光乳剤を塗り、その後露光をして、版が完成して、

さあいざ刷りますかっ!っていう時にたまに気づいたり

何回も同じ版で刷っていると起こる困りごとを簡単に解消できます。

 

それは、スクリーンの小さい”ピンホール”

f:id:heizoujp:20170330033614j:plain

上の絵のような感じで、せっかく完成した版に

”小さい穴があああっ” インクが下地にうつっちゃったみたいなこと

ありませんか?

 

 

これ簡単に直せちゃいます。

それは女性なら皆さん持ってる、マニュキュアの

トップコート

しっかも!どこでも仕入れれるので

超~~がつくほど助かる裏技!

どうですか?なかなかの裏技力じゃないですか?さすがDIY部!

 

 

えっ?あれ?ごく少数の人だけへの裏技?

すみません、でもこれほんと助かるし、コスパが高いんです

使う時はトップコートの刷毛でヌリヌリ。

必ず完全に乾かす事忘れないでくださいね。

 

 

男性の方、↓トップコートはこんな感じの上塗り材です。


どこでも手に入ってコスパが高い、アイデア技。

 

 

 次回は

シルクスクリーン印刷を爆速で簡単に自動で仕上げる機材 - シルクスクリーン印刷 DIY部

 

 

 

保存

保存

 

 

保存

初めてのシルクスクリーン印刷、迷わない道具の仕入れ先

f:id:heizoujp:20170315121154j:plain

 

 

皆さん、おはこんばんはDIY部、女性係長補佐の”つっさん”です。

 

 

さて今日は、少し本気でシルクスクリーンをする方に耳より情報を

お伝えしようと思っています。

 

※DIY部は基本シルクスクリーン印刷の水性材料を扱う事を前提としています。

 

 

さあ、シルクスクリーン印刷にはいったいどんな材料が必要なのでしょうか。

まず、これは絶対必要というものを上げてみましょう。

 

 

  • 枠(木やアルミ)
  • 紗(枠に張る網、スクリーンの事ですね)
  • 感光剤
  • インク

 

上記はのものは

ぜった~い必要で

初めてやる人はどこで仕入れたらいいのか、またどこがおススメなのかも

分からないと思いますし、私も昔結構ネットやらで探しまくりましたが

無駄に時間がかかったので、今日ここで皆さんには少しでもその

無駄な時間を省いてもらえれば

と思っています。

(あくまでも私のおススメなのでより良いところはあるあるかもしれませんが、悪しからず)

 

 

枠は強度がありますので木材ですとゆがみが出るといわれ、プロが扱うアルミが、枠には一番適しているといわれています。

ただ、個人的な経験から言いますと大きなゆがみがなく、かなり細かなデザイン(例えば髪の毛一本)を表現したいと思わなければ、木材もアルミもそこまでこだわりを持たなくても大丈夫かと思います。枠で重要な点それは

枠を机の上の置いたときに”カタカタ”と極力言わない

ゆがみがないものが最適で、印刷面を平面に保つのが重要ポイントです。

 

昔、費用を抑えるために100均の写真の額縁を買ったり、ホームセンターで

木材を買い釘で組み立てたりなどしましたが、どちらも安くしようと考える初心者の動

きでシルクスクリーン印刷のポイントを外している経験をしたものです。

100均の額縁はまだましですが、初心者がホームセンターで木材を買って枠を作るのは

オススメはしません、経験上、逆に費用と時間がかかってしまうのです。

 

木材なら、絵画で使用しているキャンバス枠がおススメです。

かなり強い力でキャンバスを張るのはシルクスクリーン印刷と少し似ているところがあるからです。

 


釘などを使用をせず、強度と正確さを保つ

 

 アルミ枠なら以下のサイトの物を利用していました。

値段、質ともに色々探したサイトの中で無難なところだと思います。

premiumt.jp

 

2. 紗(しゃ)

紗は現在はシルクではなくテトロン・ポリエステルなどを使用しています、昔はシルク

を紗に使用していた由来からシルクスクリーンと言われているそうです。

ただ、時代の流れと、コスト面から現在の形に移行していったと思われます。

 

さて、紗の仕入れ先は...

 

上記のアルミの仕入れ先premiumtさんが経験上一番安く仕入れれると思います。

(少し紗にゴミがついていたりと、気になる点があった時もありますが、結局紗は一度

洗うので問題はありませんでした)

リンクは以下です。

コストパフォーマンス抜群ポリエステルメッシュ

 

余談ですが紗にはメッシュの番号があります。

これはメッシュの細かさで番号で分かれています。

大体80mesh~240meshが一般的に存在し、用途や印刷物によりその使用を選びます。

簡単にTシャツなどに印刷する場合は100meshぐらいが最適だと思います

数字が大きくなれば網目が細かくなり、より細かな表現が可能になるといった感じですが、大体ですが、120mesh以上の紗を使用するとすれば市販で売っているインクを使って正確に印刷をするのも難しくなるので、かなり上級者の領域になります。

まずは無難に100を選んでおけば問題はないかと思われます。

 

 

3.感光剤(水性用)

感光剤は色々種類がありますが、人それぞれ使用用途や扱いなれたものを

使用するかもしれませんのでどれがいいとはいいがたいのが現状です。

ただ、私の経験上のおススメはできます。よければ参考にしてみて下さい。

尚、感光剤は水性用、油性用、両用など用途により使い分けるようになってるので気を付けて下さいね。

 

premiumt.jp

f:id:heizoujp:20170315133914j:plain

上記の感光乳剤は昔から使っていますが、細かな印刷などにとても向いていて

安定力がありますし、露光の時間の幅もだいぶ許容があるので初心者から上級者におススメです。

 

 

次はazocol z 1/3

f:id:heizoujp:20170315134016j:plain

以前も紹介したことがありますが、少しかっこいい

青色の版が作られる感光剤になります。

質感はSD40よりも粘土があり、エッジが効いた表現ができると

言われています、かなり粘度があるので塗り方に気を付けてしなければ

安定した露光の結果を得られないと、経験上思われます。

 

 

因みに、ネッ上ではほぼこの感光剤の仕入れ先は載っていませんが,

江口孔版さんなら販売をしてくれます。

ただ、個人にまでしてくれるかは聞いていませんが、ほしい人はとにかく自分で動いて聞いてみるのもありです。

www.echonet.co.jp

 

 

4.インク

インクは水性でも2種類ありますが、それも印刷物によって使用を選びます。

それらは染み込むインクと、マットタイプのインクです。

イメージとしては染み込むようは名前の通り物に対して

染み込むので薄手の生地や木などに適しています。

一方、マットタイプはインクが生地などの上に乗る

といった感じなので、厚めの生地や多色刷りに適しています。

 

インクも色々あると思いますが、初心者から上級者でも

扱いやす、dye color (染み込みタイプ)やrubada(マットタイプ)がおススメです。

 

仕入れ先はZOWHOW

ここのサイトが一番安くこれらのインクを仕入れることができます。

(インクを作っている会社が運営していますから)

www.zowhow.com

 

さあ、ザックっと色々紹介しましたが

これで少しでも皆さんの時間を短縮できる

お力になれたでしょうか?みんなでもっとシルクスクリーン印刷に

のめり込んで聞きましょう!

 

次回は

シルクスクリーン印刷裏技 感光乳剤を塗った後のスクリーン補修編 - シルクスクリーン印刷 DIY部

 

 

 

保存

シルクスクリーン印刷、聞いてみたい事 知恵袋編

f:id:heizoujp:20170307110805j:plain

 

皆さんこんにちは、DIY部課長、薩摩こと”さっつん”です。

 

シルクスクリーン印刷を始めた人達は恐らく

色々な壁にぶつかると思います、私も独学で学んだ分

人よりもたくさん失敗をしたり、色々な事を探したり見たり

聞いたり、長い間時間がかかりました。

 

ある時、シルクスクリーンをお仕事にしている

大先輩の方のホームページにたどり着き、人柄もとてもよさそうで、

とにかく天の助けだと思い、自分がどうしてもわからない事を

伺ったことがありました。その時、アドバイスを頂けて大変気が晴れたのを

今でも覚えています。

 

 

...という事で

今回のこのページはシルクスクリーン印刷に特化して

掲示板ならぬ質問コーナーにしました

シルクスクリーン印刷を始めた方で

つまづいている事、わからない事あったらコメントを頂けましたら

わかる範囲でお答えしたいと思います。

それでシルクスクリーンをさらに楽しんで頂ければ幸いです。

 

 

 

保存

シルクスクリーン印刷で便利なもの シルクスクリーン印刷DIYキッド

それなりに難しいからこそ、簡単にできるものが開発される

 

f:id:heizoujp:20170220004800j:plain

皆さんこんにちは、シルクスクリーンDIY部の

津田係長補佐こと”つっさん”です。(女です(;^_^A)

 

 

シルクスクリーン印刷を使ってオリジナルデザインTシャツ等を

製作した人は経験したことがあるかもしれませんが、

それは、原版作りの難しさ。

これが結構安定して原版を作り上げるまで失敗が続くんです。

私も最初その一人でした...(汗)

 

 

ただ、美術学校などで版画などの過程を経て先生に

シルクスクリーンの原版作りの手順をしっかり教わりながら

習得した人は別ですが...

 

 

独学で本やネットの情報をかき集め、進めた人は

その3倍ぐらい苦労したはずです。

ただ安定してできるようになれば、そんなに難しくはなかったんだと

気付くようになります。

皆さん、シルクスクリーン印刷をゼロから作る原版作りの肝は

”決められた手順を同じ環境で行う” です。

 

特に露光に関わるところは

本やネットで解説などしていますが

その解説者が行っている同じ露光環境でしなければ

その解説はあまり意味を無くします。

 

例えば、

  • どの感光乳剤を使用するか
  • 乳剤の塗り方(両面1回、もしくは2回塗りするなど)
  • 感光する時の光との距離は
  • 露光時間は?などなど...

これらが同じ環境でなければ、シルクスクリーン印刷の

原版作成を初心者が理解し実行するのは難しいです。

 

ただ、同じ環境でできる

ツールがあればそれも解決できる、

シンプルに同じ環境を整えちゃいましょう。

 

それをできるのが

知る人ぞ知るシルクスクリーン印刷の決定版

”Tシャツ君”です。

 

 

下記の物は、難しい露光を誰でも同じ環境でできる露光機があり、

更に不安定な乳剤を塗る必要もなく、専用のフィルムなどがあったり

さらに地味にすぐれものなのが専用簡単紗張り枠、

感光フィルムを枠にはめ、ネジを締めるだけできれいに印刷が...(泣)すごい..

これで、オリジナルTシャツや靴下、バッグ、ノート等

自分たちの好きなオリジナルデザインの商品が作れちゃいます。

 

 


プロ並みの仕上がりを家庭で楽に実現

 

長い間、技術を習得していると

初心者には本当にこのようなDIYキッドはおすすめだなあ

と痛感します、だって最初で挫折したら、その先ないもんね...

また、上のキッドが高くて...

と言う人には少しサイズを小さくしたTシャツ君Jr。

お値段が半額ぐらい安くなって、まず入門に最適!

 

 

 


シルクスクリーンDIYキッドがお買い得

 

 

それなりに経験された方なら知っているでしょうが

シルクスクリーン印刷は道具を揃えるのに結構お金がかかる..

だから安く揃えたいと思うのが人間の心理。

でも、安くしようと思って自力で色々しようと思っても

実は結構失敗してお金が無駄にかかっていたり、さらに無駄な時間が

いっぱいかかってしまうのが現実の所なのです。

 

 

経験上、本当にこれからシルクスクリーンを始めたいと言う人は

上記のようなキッドを使って始めるのをオススメします。

その後、じっくり自分でゼロからできるように技術を習得しても遅くはないと思います。まずは、できない事をできるっ!ようになり楽しさを知ってから

更に難しい技術習得を深く学ぶことも私のおススメの一つです。

保存