シルクスクリーン印刷 DIY部

はじめてのシルクスクリーン印刷

ネットで購入するシルクスクリーン印刷のインクの色が分かりにくい!DYE COLOR(ダイカラー)編 「青黄」

インクの色選びは必ず中をのぞくべし!

 

何年も前ですがシルクスクリーン印刷を自分で

はじめた時からの疑問...

それはネットで販売してるインクの色が分かりにい!!!

明確に言えば写真やイラストが遠すぎて、ほんとわかりません...

特になぜかシルクスクリーン印刷の材料や道具を販売しているサイトの

写真がどれも悪すぎて検索に無駄な時間を

かけるときがあるのは私だけだったのでしょうか...

 

インクを購入し届いた後に初めて色味が分かるといった感じなので

少し残念な思いをした人もいるのではないでしょうか?

 

 

シルクスクリーンDIY部では当部員のインクを

実際に綺麗に写真どりをしてブログにUPして、これからも

皆さんがもっとスムーズにインクを購入することができれば

思いブログ作成をしています。

 

 

では今日は ダイカラーの

  • 青黄

のご紹介。

 

 

これであなたも安心してインク選びができるはず!

 

 

f:id:heizoujp:20170527163946j:plain

f:id:heizoujp:20170527164000j:plain

 

実際に使ったダイカラーの色味補足

  1. よく見る”黄色っ”って感じで、混ざりがない黄色になりますね。

 

 

色をチェックした後、インクを購入できるようリンクを貼り付けておきました。

 

 


初心者からプロまで愛用する抜群の使いやすさ

ネットで購入するシルクスクリーン印刷のインクの色が分かりにくい!DYE COLOR(ダイカラー)編 「牡丹・紫」

インクの色選びは必ず中をのぞくべし!

 

何年も前ですがシルクスクリーン印刷を自分で

はじめた時からの疑問...

それはネットで販売してるインクの色が分かりにい!!!

明確に言えば写真やイラストが遠すぎて、ほんとわかりません...

特になぜかシルクスクリーン印刷の材料や道具を販売しているサイトの

写真がどれも悪すぎて検索に無駄な時間を

かけるときがあるのは私だけだったのでしょうか...

 

インクを購入し届いた後に初めて色味が分かるといった感じなので

少し残念な思いをした人もいるのではないでしょうか?

 

 

シルクスクリーンDIY部では当部員のインクを

実際に綺麗に写真どりをしてブログにUPして、これからも

皆さんがもっとスムーズにインクを購入することができれば

思いブログ作成をしています。

 

 

では今日は ダイカラーの

  • 牡丹(ぼたん)

のご紹介。

 

 

これであなたも安心してインク選びができるはず!

 

 

f:id:heizoujp:20170519123716j:plain

f:id:heizoujp:20170519123723j:plain

 

実際に使ったダイカラーの色味補足

  1. 牡丹はワインレッドに近い色味であまりない色なのでオススメです。
  2. 紫は見た感じの紫と変わりません、ちょっとしたアクセントに紫は最適です。

 

 

色をチェックした後、インクを購入できるようリンクを貼り付けておきました。

 

 


初心者からプロまで愛用する抜群の使いやすさ

保存

シルクスクリーン印刷 DIY部<Short Movie>

皆さんおはこんばんは、DIY部 女性係長補佐の”つっさん”です。

 

本日はDIY部で製作した、とて~も短いshort movieをUPしました。

へえ~、シルクスクリーン印刷ってこんな感じなんだねと

知って頂けたらと思っています。

 

screen printing onto craft package from london2017 on Vimeo.

 

今回はとても細かい表現のデザインで

文字などは1mm以下なので、やはり

細かくなればなるほど表現が難しくなります、

皆も一緒に技術を磨きましょう!

 

因みに今回は昔ながらのクラフト紙の袋に

白色で印刷を施しました。

 

 

シルクスクリーン印刷のインク選びの知識

f:id:heizoujp:20170503165728p:plain

 

はい、皆さんおはこんばんは、DIY部 女性係長補佐の”つっさん”です。

 

 

さあ、今回のお題は”インク”

 

シルクスクリーン印刷をするに至ってインクの知識は肝となります。

なぜかと言うと、インクは刷るものに対してどのインクを使用するか

変わってくるからです。

 

 

インクは大きく分けて2種類あります。

 

・水性

・油性

 

の2種類になります。

 

 

水性は以下の物に印刷が可能になるので

それがイメージとしてわかるだけでも、アイデア次第で

物づくりの可能性が広がるはずです。

 

印刷可能

紙・木・布

 

また水性でも更に2分化されます

・染み込みタイプ

・マットタイプ

 

インクを選ぶ時の重要なポイント

何に印刷をするかでしたね

染み込みタイプは”染み込む”というイメージを忘れないで

物選びをすれば、紙・木・布もので言えば

”繊維質が粗いもの”のイメージが強くなります。

 

例えば、薄手の布や、薄手のTシャツ、木材など

繊維が粗いイメージでインクが染み込むことができる

物に対して、染み込むインクは適しています。

 

 

一方、マットタイプは

染み込むというイメージではなく

インクが上にのるといったイメージになります

なので生地が厚いものや、あまり染み込むイメージの無い印刷物が対象となります。

 

 

当DIY部では油性は扱っていませんが

余談として油性インク

基本インクが印刷物の上にのるというようなイメージですので

布・木・紙以外の対象物に対して印刷が可能になります。

 

 

例えば、ガラス、金属、プラスティックなどありとあらゆるものに

印刷が可能になります。

 

ただ、油性インクでもその特質や環境、用途を活かして

Tシャツや多くの布素材に対して油性インクを使用するケースもあるので

知っておいて下さい。

 

 

Next

シルクスクリーン印刷 DIY部<Short Movie> - シルクスクリーン印刷 DIY部

 

 

 

 

保存

保存

イラストレーターでデザインも描いています

f:id:heizoujp:20170417202216j:plain

 

時間を見つけてはデザインの勉強をするようにしています。

 

特に自分で描く事により、より良いものが

またその次にできあがると、それを信じながら...

ひらめきに期待をしています(  ゚,_ゝ゚)

 

This is real super man!

正義の味方 すっぱまん

トゥースっ!

f:id:heizoujp:20170417202900j:plain

【保存版】シルクスクリーン印刷の感光剤の塗り方

f:id:heizoujp:20170405142843j:plain

 

はい、皆さんおはこんばんは、DIY部 女性係長補佐の”つっさん”です。

 

 

本日は感光乳剤の塗り方について、私の経験をもとに教える事が出来たらなと思います。(恐らく、塗り方ややり方は他の人は違うやり方をするかもしれませんが、私の今までの経験上のやり方をお伝えします)

 

 

まず、塗り方の前に

必要な道具を2点揃えて下さい。

(水性対応の版を作成します、油性用はDIY部では扱っていません)

 

  • 感光乳剤 (今回は栗田化学研究所のSD-40もしくはKiwoのazocol z 1/3) 

以下のリンクに購入先を記載しています 

初めてのシルクスクリーン印刷、迷わない道具の仕入れ先 - シルクスクリーン印刷 DIY部

 

  • 感光乳剤用バケット

(板のサイズに合わせて購入します、これ結構重要です

シルクスクリーンステンレスバケット

 

 

感光乳剤は使用する場合よくかき混ぜてから使用する事

乳剤を版に塗る時は太陽の光を必ず避ける事

また室内の蛍光灯などをおとし、できるだけ紫外線を受ける環境を避けて下さい。

ここでちょっとしたアドバイス! LEDはハロゲンや蛍光灯より紫外線の照射がない

と言われています。

暗闇でも、小さなLED電球があれば家でも作業しやすいかも。

 

 

さあ、本題の塗り方

 

バケットに感光乳剤を注ぎ下の絵のように

下から上へ塗りあげます、この時、版を70度~80度ぐらいに

傾けて塗ると塗りやすいでしょう。

 

塗り方に関しては、人により2回塗りや

時間をおいてまた塗るなど色々聞きますが...

 

表を一度塗り

 

f:id:heizoujp:20170409124734j:plain

 

 

ひっくり返して

 

裏も同じように一度下から上へ塗ります

f:id:heizoujp:20170409125003j:plain

 

それだけでも十分使用は可能です。

もし強い版を作りたい場合は何度か塗りあげるというのは

あってもいいかもしれませんが、初心者が簡単に使用する場合は

一度塗りで十分でしょう。

 

ここで、ワンポイントアドバイス

感光剤はできるだけ薄くするような感覚を持ち、塗りあげる

力加減が大切です、SD-40はまだ塗りやすいですが

Kiwoのazocol z 1/3は乳剤がドロドロなので塗る時に厚みが

出すぎてムラができ感光にムラができるので、塗る時はスピーディーに

薄目に塗りあげる感覚を持っておいてください。

 

※感光がうまくいかない時、こういう誰も教えてくれない

感覚も改善ポイントとして大切になってくるからです。

 

 

乳剤塗りが完了したら、ロッカーなどホコリがたたない所で

まっすぐ横にして乾かす事。縦にして乾かすと、版にムラができるのでNGです。

またホコリやチリは版を正確に仕上げる事が出来ない原因にもなりますので

できるだけ避けたほうがいいでしょう。

あと、必ず暗いところで保管し、

完全に乾くまでおいておきます。

人により、扇風機などで乾かしたり、早く仕上げたいという人もいますが

DIY部は自然に一日完全乾燥させ使用します、経験からシルクスクリーン印刷は

常に同じ手順で同じ仕上がりになるようにすることが大切であると考えているからです。

 

 

 

 

 

 

保存

保存

保存

シルクスクリーン印刷を爆速で簡単に自動で仕上げる機材

f:id:heizoujp:20170403121705j:plain

 

皆さん、おはこんばんは、DIY部課長、薩摩こと”さっつん”です。

 

さあ、今日は皆さんがあまり聞いたことや、見たことがない

”デジタル製版”と言う物を紹介しましょう。

 

シルクスクリーン印刷で製版を作る事、ほぼすべての人が

難しい壁にぶつかったり、失敗を繰り返してることでしょう。

 

しかし、文明の発達は素晴らしく早く、できない、難しいものを

簡単にできるようにするものはどんどん発明されます。

 

今回は、デジタルの世界を”すご~い”と驚く側面と

資金力のある人は

それを使い、明日からでもお店を開くか、プロ級のクオリティでマネタイズをできるようになります。

技術をお金で買う、爆速の早業ですね。

 

 

では一つ目

ゴッコプロ100

 

ボタン一つ、105秒で製版ができるって...凄すぎる(汗)

私の今までの苦労は何だったんだと思ってしまいます。

まさに、コピー機と同じ感覚ですね...メーカー希望価格1,200,000円だそうです。

最近はDIYを店舗で売りにしているお店はこの機械を買って

常に質の高く、スピーディーな印刷がその場でできるように、取り入れている会社が多

いですね。高くても十分Payができる今の需要があるのでしょう。とにかく凄い

機械です。

 

 

二つ目は

FAST SCREEN TRACER

 

 

上記は京都の色素オオタ・オータスさんの商品です。

版をセットして2分で製版できるというようなキャッチコピーで

素晴らしい機材を開発しています。価格等はメーカーに直接お問い合わせください。

 

 

3つ目は

一番お手軽な価格でデジタル製版ができるTシャツ君

シリーズがあります。

デジタル製版の素晴らしい特徴は、パソコン上にあるデータを

即時に製版できるところです、まさに感覚はパソコンを使ってコピーをしているだけの

とんでもない技術です。

 

価格は以下のサイトが一番お手頃かと思われます。


爆速でできるデジタル製版

 

製版は道具です、その道具にお金を掛ける事によって

マネタイズする事により、倍にも3倍にもしてお金を増やしていくので、

これらの価格が高いと思うか、安いと思うかは、あなたのアイデアや考え方次第で

その判断が変わってくると思います。

 

是非、今後の参考情報にしてみて下さい。

 

次回は

【保存版】シルクスクリーン印刷の感光剤の塗り方 - シルクスクリーン印刷 DIY部

 

 

保存